韓国ドラマ「輝くか、狂うか」概要

2015年 1月19日から同年4月7日まで放映されたMBC月火ドラマ。 高麗初期の王であり、太祖王健の四番目の息子であった鉱種ワンソと仮想人物である渤海の最後の王女伸びのロマンスを描いたフュージョン時代劇である。当然のことながら、実際の歴史とは大きな違いを見せており、ドラマ側でも放送前にこのドラマは、実際の歴史とは、他の部分があると毎回予告している。

縁作りドラマ作家、小説家であるヒョンゴウン作家が執筆した輝きたり与えたりが原作である。 輝いたり、与えたりを漢字で表記すると「光たり狂、または “なのですが、主人公が鉱種(光宗)になることを意味すると同時に、血の粛清を行った「狂」の君主であった中的な意味を狙ったタイトルであるよう。

作中王の殺害が非常に重要になって出てくる皮肉に酒がワンシクリョムのように太祖王健の後継者であるヒェジョンを惨殺して王となった。 しかし、この点を取り上げた場合頭痛いのか出てこない。

韓国ドラマ「輝くか、狂うか」特徴

1.車を非常に頻繁に飲む。 高麗時代お茶を飲む文化を示すのか、ドラマを解いていくためにもお茶を飲みながら会話がドラマの展開によく登場する。

2.俳優の声の演技が面白い。 狡猾な王執政、男のふり声を出す伸び、そもそもハスキーなファンボ蠡園など。

韓国ドラマ「輝くか、狂うか」登場人物

ワンソ( チャン・ヒョク )

パグンソンを持って生まれた検討の皇子。 今後検討の4代皇帝鉱種になる男。 心に込めている文字は、光光(光)。 伸びの解釈によると、頭の上に火がついている様子で、今後きらびやかな光になったり、あるいは完全に狂ってしまい、幅広になるとする。 ドラマのタイトルは、このような王牛の運命から取ったもの。

最も強力な豪族である忠州行外に置いて生まれたが考慮を血の海にすること予言のために「呪われた皇子」という札が付いて回った。 8歳の時に冬服型ワンテが疑問の死を受けるようになり、その罪をかぶっ書こう心配する太祖王建によって宮廷から追い出され金剛山で育った。

呪い受けた烙印と母である皇太后ユ氏の虐待、金剛山に捨てたという痛みのために人生の目的もなく自由に住んでいた。 そうするうちに太祖王健の殺害未遂犯を追って開封に来て伸びを満たし偽の結婚式騒動を払って運命を変える「選択」という意味を悟って、父であり皇帝を殺害した群れを追いながら緻密で大まかし、断固とした決意の所有者に生まれ変わった。

「ソソ」という偽名を使って五日の間仕事を学ぶという言い訳で聴解上部に潜入する。 五日が終わると伸びが気に入りか彼女と義兄弟の契りを結ぶこともある。 顔認識障害 (…)があるか伸びを調べてみることもできず女性ということを気付かもできない。 おかげでドラマファンだけの中ぽん本人も、自分が紺色の味があることで勘違いして非常に非常に心苦労する。 [1]皇子格闘大会で優勝した後、開封がが絶え間週間という事実を初めて実現はホクホク、翌日開封がと絶え間週を続けて交互に歌ういたずらを打つ。 そして、水中キスを達成。

後皇子の最初の結婚は皇帝が命じたグクホンにする必要があり、これを破って私的に女性と結婚をすると、両方の殺させられるということを悟った伸びが結婚式の時に書いた赤いドレスを取り出し、泣くのを見て、最終的に伸びが公開の一晩の花嫁という事実を悟ることになる。 伸びが男装をして「公開」という名前で装った時から愛してきたが、開封が伸びであることを悟って、彼女が危険にさらされることができるという考えを取得しますが、彼女への愛がカーソル主体ができないようだ(… )。

皇帝に書かれた毒蠡園姫であることを知っている ‘あなたは人ではなく、獣である」と非難をしたが、「検討の皇子皇女たちはお互いを死に殺しながら生きてきた」、「金剛山にこもって生きてよりよかったなんではないか」とヨクディルを迎えた。 そして彼女に、このような考慮の現実が気に入らない場合は、強力な皇帝になっても変えてしまえという言葉を聞いて苦心をし始める。

普段はしらじらしい姿を見せ通うが、実は力だけでなく、頭もとても大変なキャラクター。 これまでの状況を計算し、皇帝に毒を乗っ犯人がファンボウォン余りあるという事実を推測して、ファンボウォン余りに捕まってしまったサファイアを、むしろ逆に利用したり、伸びの単純な行為で伸びがしたいバーキャッチして出すなどの姿を見せてくれてている。

シニュル(ケボン)( オ・ヨンソ )

ジャミソンを持って生まれた、 渤海王国の最後の王女として生まれた女性。 他の国の光になる運命に乗って生まれた神女の予言を聞いた渤海の世子が生まれたばかりの彼女を殺そうとしたとき、彼女の生みの母はむしろ自分の手で殺しと言って、氷の湖で彼女を投げつけた。

水の中で死ぬところだった姫をベクミョが入手育て渤海の追跡を避けて中原に逃げ住んでいた。 以来、優れた上述の知略で「聴解上部」という中原の巨大上部を作る。 端株桁は彼女の兄ヤンギュ月が持っており、自分の役職は、絶え間州だが、実際には彼女がすぐに上部の頭。

ヤンギュ月が中原の大将軍クァク耳ヨシクをラッキングクレイジー払拭(…)をボルヨソ大将軍と強制的に結婚するポンハルとき、自分はすでに考慮社内と婚約を結んだとの間であり、すぐに婚姻を行う予定という臨機応変を発揮する。

以来、ワンソを見ては、一目に反して半強制的に拉致ハゴソン結婚をくれ査定査定をする。 ワンソはピックアップ偏りとが天下を与えること代償を払う難しく困難偽の結婚式を行う。 [3]そして初夜を要するのにそうでなくて一目惚れしたワンソが自分に本気を打ち明ける姿を見て、さらに愛に陥る。

ワンソが考慮に戻ってみましょう大将軍も避け、偽新郎を見つける兼開京に向かう。 以後5年間もずっと彼見つから万ついに発見した偽の新郎は、前の乞食殺し屋と変わっていないとても残念な姿。

さらに5年前偽婚礼も覚えていない彼に完全に失望している途中、せっかく男装をしたついでに「公開」という名前を仮名にして立つワンソと義兄弟コロラド近く過ごしたがる。

乞食無事であるばかり思っワンソが、実は皇子だったと彼が結婚した女性がファンボウォン余りということを実現し、さらに失望している途中、それでもそのように過ごす時間を逃して、これまで円ニコニコ笑顔を見せて視聴者たちの胸を痛くする。

後には皇子の最初の結婚は皇帝が命じたグクホンにする必要があり、これを破って私的に女性と結婚をすると、両方の殺させられるという事実を知り、行うことがない愛に絶望する。

さらに、すべてのことを気付いたファンボウォン余りが自分に併合日扇動を組んでくれとお願いをすることになってメンブン直前となった。 こいつよ伸びちょっとやめ悩ませ

天文、主役、地理​​、兵法、外国語、薬学など可能な戦略家で頭にすることができるすべてのものを完全に持って生まれた。 諸葛孔明に例えることほど賢くファンボウォン余りと談判を行う姿を見ると、目的が生じた場合に、それを実行しようとしている推進力も持っている。

生まれてすぐに氷水の中に投げられた風に体の中に冷毒埋め込まれている。 このため、彼女のバンエンイングルが四つ以上燃え上がっている。 心に大きな衝撃を受けたり冷たい風をたくさん浴びると、症状がさらにひどくなるよう。

ファンボ・ヨウォン( イ・ハニ )

ジャミソンを持って生まれた第二の女。 検討太祖王建の娘。 検討一番の美人と呼ばれるプリンセスであり黄州家の目に見えない策士。

過度に賢いし、また、過度に冷静な女性に感情に揺れない。 彼女は王女ではなく、社内で生まれたら皇帝を夢見オトウルほど野心がある女性。 彼女には何よりも家が優先だった。

呪われた異母弟ワンソを皇帝のグクホンコマンドにより、新郎に迎えた。 家のための婚礼を行った。 彼女が望むのは、皇后がなかった。 唯一の自分の家が考慮一番の家になること。 そのためには、彼女の弟が皇帝にならなければした。 心も体も与えたことのない夫ではなく。

しかし、ワンソが太祖王健の秘密兵器であり、条先人の首長であることを悟って平凡でない人物だと考えて、彼自身の手の中に入れるとする。 ところが、王牛の周りに伸びがどんどんアルチャン距離うえ、伸びがワンソと結婚した女性であるという事実を悟って怒りして、彼女をワンソと近くつかないように計略を絞る。 太后が招待した席に行って、自分がまだワンソと各部屋を使っているという事実を知らせたこと。皇后のコマンドで併合をするようになると、併合日扇動を伸びに任せて彼女にさらに致命傷を負わせた。

皇帝に弾毒自分の仕業であることを伸びに看破されて、彼女に脅迫 [6]をれると、彼女を殺そうとした。 これ防いだワンソが後訪ねてきて、あなたは人でもない非難しよう、これまでに受けてきた悲しみ [7]が爆発してワンソにグクディルを入れて、このような考慮の現実が気に入らない場合は、強力な皇帝になれと言う。

ワンウク( イム・ジュファン )

健の25人の皇子たちの中で最も優れたルックスを持っており、明晰な頭脳と優れた武芸を兼ね備えている。 ファンボ蠡園とは実の兄妹の間。 王牛異母弟であるが、両方の実際の年の差はわずか四ヶ月。 もちろん、当然のことながらワンソがさらに腐っ見えますが、

生まれつきの才能だけでなく、強力な豪族の家に完全に皇帝の後継者教育を経た皇子である。 生きている仏という噂が出るほど穏やかな笑みを浮かべているが、胸の深い所に愛の傷が残っている。 自分が愛した、伸び100%同じように生じた女性が太祖王健のグクホンコマンドにより太祖の後宮になる危機にチョハジャストップ自殺をしまってしまった。

最初からファンジョワに欲望があったわけではなかっ。 しかし、自分の愛を守るために、ナンセンス悪習だったグクホンコマンドをなくすために、昔の恋愛とそっくり伸びを奪われないために皇帝になろうとする。

伸びと王牛粘着性がある愛情を見ては、怒りに陥って、ジョーの先人を目の敵のように、ここワンシクリョムに行っ彼の手足を自任する。 ワンソを殺してしまい、自分の皇帝になるという野望に燃えている。 これに対する決意を税源に言ったときにワンシクリョムも一つの手札に書いてくれるという言葉があったが、ワンシクリョムと妹のファンボウォン余りの計略により、伸びが死ぬ危機にチョハジャ悔しさを飲み込みワンシクリョムにかかし皇帝になると言う。

ワンシクリョム( イ・ドクファ )

太祖王健のいとこ弟であり、皇子の叔父。 皇室の種親であり、考慮建国の国功臣である。 死の戦場で検討の夢を育てた。 検討が豪族によって建てられた国であるため、豪族が強く完成考慮が強くなると信じ、その豪族の頂点に彼ができる。 西京の強力な彼の軍隊は皇帝に劣らない権力を支えてくれた。 権力をさらに絞りキャッチ西経に遷都を主張している。

皇帝が国史を決定するところを帯電と呼ば、ワンシクリョムの家にも同じ構造で作られた対戦がある。 皇帝の対戦に行く前に、豪族はワンシクリョムの対戦に、まず立ち寄って国事を論じ、そこ決定日を酒の前に行ってオウムのように言う。 莫大な利権がかかった多くのことが、彼らだけの世界で決定される。 すべての豪族の代わりには、真の皇帝が誰であるか知っている。 太祖王建が自分に対して反旗を聞かせては兆しを見せる、中原の暗殺者を利用して、毒させたのも、すべてが子の所業。

ハナフェひたすら不法反逆団体を主な豪族5人と一緒に作って国を思うままにしていたが、ワンソが率いる条の先人によっていつも日が無駄になってしまうと非常に怒りに陥る。 [8]条の先人を率いる者が王ソラことを悟って、王もない事実ワンソに対して強い敵意を見せ、自分の手足になろうとすると、これを受け入れはワンソの反撃を準備する。

震動聴解上部と妙に自分の言葉に逆らうようなワンウクを計略一つすべてひざまずいたりもする。

税源(ナジョンチャン)

ワンシクリョムが育てた、黄州がの護衛武士として送られガンドとなった。 税源が初めて出会った少女ファンボ王女は口数が少なく涼しかった。 少女が口を開いたときに、飛ぶ打つする黄州家の豪族たちが一言でも見逃すセラ耳を傾けた。 それは税源に興味深い光景だった。
また、少女の冷たさは、3月に降る春の雪のようだった。 それは明日の豪華な春の光を期待するようにする冷たさだった。

その少女を持っていたかった。 胸に抱いて思った。 永遠に私のものにしたかった。 ファンボウォン余りを向けた税源の心を知っ黄州がで税源を私の打ち、彼女を自分の女にするためには、世界が変わらなければならいた。 だから、なおさらワンシクリョムの忠僕となった。 そうするうちに、王もない事実皇帝になるという野望を見せ、彼女を自分のものにしたい場合は、自分の味方を聞いてほしいという言葉に同調して、彼の意味で一緒にする。

子供の頃の秘密が16話で明らかになったが、実は渤海の王子であった! 生まれたばかりの妹の伸びを見に行ったダプシゴ手下たちと道を出たがやめ契丹族の襲撃を受けて、荷受は全部全滅して、自分だけ一人で生きて残ったもの。 以来、衝撃で、その時の記憶を失って乞食のように漂流。 そんな中、ワンシクリョムの兵舎にご飯を盗ん食べ入ったが、彼の手下に取り入れたという事実が明らかになった。

正宗( リュ・スンス )

検討の第3代皇帝。 ワンソとは兄弟関係である。 疲労得られたファンジョワだった。 ワンシクリョムが兄ヒェジョンを殺害することを黙認する見返りに得られた席だった。 すべての皇子が欲望する桁。 そのマンインジ上の位置に上がると他のことと思った。 かかしを予想したものの、この程度とは知らなかった。 彼の意志ですることができるのは、唯一の盤上上の箸だけだった。

皇帝としての存在感を探してたくて西経天道にブレーキをかけた。 西経遷都は国と民に多大な被害を奥行きことができた。 しきりにワンシクリョムの植栽をかけてあげようワンシクリョムの手下が乗った毒によって精神不安状態を示す。 ますますひどくなり、精神が行ったり来たりする状態まで行く。 布団をかぶってぶるぶる震えている姿を見るとかわいそうなことこの上ない。 参考までにぼのぼのに似ている。