情は倒れた光害を後ままの姿勢の助けを借りて家に逃げる。居酒屋に隠れている
た情は先祖とウルダムの会話を盗聴光害と目が合ってびっくり。

先祖はを塀に種苗第に書き込む提起を作ってもらいます。

先祖は世子冊封を急ぐ者は、大文字臣僚たちの前で光害を分院のブジェジョに命じる